ベルリン1      ベルリン2

Menu:


CICD・欧州での事後研修

 CICDで事後研修を行う場合、以下の3つの期間から構成されています。

 1. 1~2週間目
 1)CICDに滞在し、プロジェクト活動についてのレポート/プレゼンテーション作成と発表をCICDの学生、先生、スタッフに行う。

 2)アフリカ/インドでの活動について、個別ミーティングを指導の先生と行う。

 3)残りの6週間の進路についての計画を立て、指導の先生の同意を得る。

 2. 3~7週間目

 CICDやヨーロッパに在籍する他のDRHスクール/Humana People to Peopleを訪問し、プロジェクトの活動報告を中心に、特別活動を行う。
    具体的な活動例は、以下に記しているとおりです。

 ①CICD/ヨーロッパのDRHスクールについて、広報活動を行う。
  ・ホームページや地元の新聞に記載するための記事の作成
  ・活動プロジェクトについてのフィルム作成
  ・出身国で、CICD/DRHスクールのプログラム説明会を実施
  ・他のNGOや学校(特に大学)を訪問し、活動内容を報告
  ・ヨーロッパ各国で開催されるボランティア・フェアなどに出席し、Humana   ・People to PeopleやCICD/DRHスクールのプログラムについて説明するキャンペーン計画の立案と実行

 ②ヨーロッパにあるHumana People to Peopleを訪問をし、アフリカ/インドでのボランティア活動内容の情報提供を行う。
  ・ドイツ
  ・イタリア
  ・スペイン
  ・イギリスPlanet Aid
  ・バルト諸国
  ・スウェーデン、デンマーク
  ・ロシアのサンクトペテルブルグとモスクワ

 ③Humana People to People/CICDのPartnership(資金調達)を行う。

 ④CICD/ヨーロッパのDRHスクールで、先生の補佐を行う。

 ⑤地球温暖化現象などの環境問題について多くの人々と議論し、啓蒙活動を行う。

 ⑥CICD/ポルトガルのHumana People to Peopleにおいて、マラウイ/モザンビークへ送る本の収集、仕分けを行う。

 3. 8週間目
 指導の先生とミーティングを行い、事後研修の活動報告を行います。また、プログラムを正式に終了した証明として、CICDから卒業証書が発行されます。


 戻る



セッション1:CICDでの事前研修(6ヶ月)

セッション2:アフリカ/インドでのボランティア活動(6ヶ月)

セッション3:事後研修(Camp Future)(2ヶ月)