HIKARI   HIKARI

Menu:


アフリカ派遣を向けて

 2008年5月チームの水島さんによって書かれた記事です。
 水島さんは、CICDでも数少ない10代の参加者です。そんな椛島さんに、プログラムの参加動機やCICDでの生活、これからの抱負について語っていただきました。

―CICDプログラム参加以前は、何をしていましたか?
 高認合格後、大学などに進むための勉強をしていました。

―CICD「国際ボランティアプログラム」に参加した理由をお聞かせ下さい。
 大学に進学するにあたり、自分が将来的にどんな分野に進むか模索するため、CICDに参加することを決めました。
 帰国後大学受験を経て進学することになるため、私の年齢からすると二浪という事になってしまいますが、様々な国の人々との共同生活、アフリカでのボランティア活動などとても魅力ある経験が出来ることから、たとえ年齢的なハンデが生まれようとも、それを埋めて余りあるものになると思っています。
 私以外の参加者も様々なバックグラウンドを持ち、他国の方々だけでなく、日本から来た様々な年代の方々との生活も自分にとってとても刺激になっています。特に私が参加しているチームは年齢的に自分に近い方々が多く、10代での参加とはいえ、活動しやすい環境であると思います。

―DIになって数ヶ月ほど経ちましたが、DI生活はどうですか?
DMM学習/アクションウィーク/Partnership活動/チームメイトとの共同生活や学校内外のイベントの企画・運営など、DI生活について自由に語って下さい。

 DIになって既に4ヶ月ほど、だいぶ慣れてきたと思いますがまだまだ知らないこともあったり・・まずはそれぞれの項目について書いていこうと思います。

-DMM学習
 プロジェクトにおいて必要な情報を学ぶことが出来ます。特に全て英語で行われるので、英語の苦手な自分にとっては一つ一つのタスクをこなすこと自体が、とても役に立ってます。
 アフリカ派遣の条件の1つにこの学習によって得るスタディーポイントを貯めなければいけないのですが、地道にやっていれば確実に届くので、このDMM学習だけにこだわらず、自分自身の勉強、英語や現地語等を重点的にやるようにしています。

-アクションウィーク
 期間中今までと違った活動をすると言うことですが、私の場合はパートナーシップ活動として、デンマークにてビルディングの改装作業に参加しました。
 このような改装作業はアフリカにおいての活動でも必要とされるスキルであるため、とても有意義に使うことができたと思います。これからまた何回かアクションウィークが有るので、どのような活動をするか現在考えています。

-Partnership活動
 CICD生活において、自分にとっては一番大変な作業だと感じてます。街頭でマガジンを売るという作業は英語能力だけでなく、売れるまで根気よく居続けられる体力、断られても挫けない精神力、そしてどうやったら人を惹きつけられるか、などなど・・
 かなり大変ですが、Magazine Selling のみならず広報活動やクローズコレクションといった学校の活動へ参加するなど、様々な工夫をしてこなしていきたいです。

-チームメイトとの共同生活や学校内外でのイベントの企画・運営など
 前記したとおりやはり様々な世代の、様々な国々からきた人々との共同生活は、自分にとってとても刺激的で、また、とても学ぶことが多いものとなってます。
 特に様々なイベント、系列校内でのオリンピックの運営やイブニングプログラムの企画などは自分自身の英語能力、企画能力等を伸ばせるだけでなく、他のチームメイトや他校のDIとの関係を深めることもできるいい機会となってます。

―それでは、最後にこれからの抱負についてお聞かせ下さい。
 自身のスキル不足や経験不足を日々感じていますが、CICDでの生活全てが自分をより伸ばすことに繋げる事ができ、次のアフリカでのボランティア活動期間において少しでも貢献できるように、日々の活動に取り組んでます。
 これまでCICDですごしてきた中で、やはりもっともっと様々な事を学ばなければいけないと自分自身の中で再確認し、プログラム終了後の目標も少しずつ明確化されてきたことも、自分にとっては大きな利益です。
 アフリカへの派遣まで残りわずか、チームメイトそれぞれが違った目標を持って参加してると思いますが、私はまずは少しでも開発プロジェクトに貢献できるように、皆と協力して過ごしていきたいと思っています。

2008年5月チーム 水島ひかり(みずしまひかり)